上に戻る

流星の見分け方

ふたご座流星群を観察していると、別の流星群の流星や、どの流星群のものでもない流星が現れることがあります。この時期に見えた流星がすべてふたご座流星群の流星というわけではないのです。
このページで、ふたご座流星群の流星かどうかを見分ける方法をマスターしましょう。

注:流星群の流星を「群流星」と呼び、どの流星群でもない流星を「散在流星」と呼びます。

流星を反対方向にたどろう

流星の軌跡を反対の方向にたどってみましょう。たどった先が、ふたご座流星群の「放射点」を通ればふたご座流星群の流星の可能性が高く、「放射点」を通らなければふたご座流星群の流星ではありません。

では、「放射点」とはなんでしょう。
ふたご座流星群の流星をたくさん見ていると、あることに気がつきます。どの流星も、ある点を中心に放射状に現れているのです。中心となる点のことを「放射点」と呼びます。

流星の元になる物質が放射点の方向から私達に向かって飛んできて、そのまま地球の大気に突入して光るため、地上で見ている私達には、流星が放射状に現れるように見えるのです。

放射点に近い場所に現れた流星は経路が短く、放射点から遠い場所では経路が長く見える、という性質もありますが、最初はあまり気にせずに、流星を見分けることにチャレンジしてみましょう。

放射点はどこ?

ふたご座流星群の放射点はふたご座のカストルのすぐ近くにあります。下の図を見て、明るい星との位置関係などから、放射点の位置の見当をつけましょう。

ふたご座
流星群の放射点の位置を示す図

クリックすると大きな画像が表示されます。(実際の星空には、放射点の位置を示す目印はありません)

放射点を探すときに便利なアプリ

放射点を探すとき、スマートフォンを持っている方なら、星空を見るときに役立つ便利なアプリを使うこともできます。例えば、スマートフォンを空にかざすと、その方向に見えている星座の名前など、さまざまな情報を表示してくれるものがあります。ご自身で使いやすいものを探してみてはいかがでしょう。

ただし、スマートフォンの画面は明るいので、そのまま使うと、せっかく暗さに慣れた目がくらんでしまいます。また、他の人の迷惑になってしまうこともあります。できれば「夜間モード」などに切り替えて利用するとよいでしょう。

見分け方の例

次の図は、ふたご座流星群の流星かどうかを見分けた例です。(背景の星図はアストロアーツ社のステラナビゲータを使用して作図しています)

見分け方の例

ふたご座流星群の流星の例

  • 1. ふたご座流星群の流星です。放射点から比較的離れているので、経路が長く見えます。
  • 2. ふたご座流星群の流星です。
  • 3. ふたご座流星群の流星です。放射点に近いため、経路が短く見えます。

ふたご座流星群の流星ではない例(散在流星または他の群流星)

  • 4.放射点に近いのに経路が長いため、ふたご座流星群の流星ではありません。
  • 5.放射点から比較的離れているのに経路が短いため、ふたご座流星群の流星ではありません。
  • 6.放射点に向かって流れているので、群流星ではありません。
  • 7.流星の経路を反対にたどっても放射点を通らないので、ふたご座流星群の流星ではありません。